PHOTO ALBUM

ライブ写真

12.26[SUN]

Creepy Nuts

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11

仁井聡子 コメント

DJ松永のターンテーブル超絶技巧で魅せてから始まり

R-指定が板の上の魔物ともタッグを組んだようなラップを爆発

お客さんのリズムに合わせたクラップや拳の上げ方でCreepy Nutsの浸透具合が垣間見えたと思っていたところに

最後に「生業」

もうそれは
何度ライブで聴いても
その都度カタチを変えて人の中心に入ってくる
生き物のような曲だ

お客さん全員の後ろ姿を見ただけで
二人の怪物に飲み込まれたのを感じた

毎日のようにメディアで見る二人を
知った気になってた全員が
打ちのめされた瞬間だった

【撮影:渡邉一生】

主催

  • FM802
  • FM802

協賛

協力

  • FM802を聴く